芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院

患者様の声Voice

歩くときのひざの痛みが改善(変形性ひざ関節症) 60代 女性

歩くときと、立ったり、座ったりするときに、ひざが痛く、
電気治療などを長年受けていた。

旅行などにも行けず、長年悩んでおられた。

初診時、全身の動きをチェックしたところ、足首の動きが悪く、
ひざが動きすぎていることが原因でおこる、ひざ痛と判明。

ひざ・足首の関節調整を行う。
同時に、アキレス腱・膝周囲の筋肉をPNFストレッチで調整。
この方は、ひざに負担がかかる歩き方だったので、歩き方もアドバイス。
サプリメント(コンドロイチン)や、サポーターの着用もアドバイス。

5回の施術にて、歩く時の痛みが軽減し、
お孫さんの所へ旅行に行けたと、喜んで頂きました。

この方は、足首の動きの悪さが原因で、ひざの痛みを併発していたケースでした。

関節も筋肉・腱も調整し、一番の原因であった歩き方を改善することで症状が良くなりました。

この方は、整形外科で変形性膝関節症と診断され、関節の軟骨が摩耗していましたので、サプリメントやサポーターなど、必要であればアドバイスしています。(良いと思われることは何でもやることが重要と思ってます)

私は、様々の痛みの中でも、ひざの痛みは、人生を変える、と患者様に注意を促しています。他の部位に比べ著しく動きを制限されることが多く、動きたくない(家からでるのがおっくうになる)事が多いからです。

この方のように、旅行に行けました♪なんて、非常にうれしいですね(^^)/

当たり前ですが、痛みをとることだけが、目的ではないんですよね~

   

» 「患者様の声」トップに戻る