芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院

患者様の声Voice

腰の手術を回避(腰椎分離すべり症) 40代 女性

長年、腰痛と腰から足へのしびれに悩まされており
カイロプラクティックや整体などに数年通う。
(カイロでは、強いアジャストを1年近く受けていた)

症状は落ち着いていたが、しびれ・痛みがひどく
歩くのもつらい状態になり、整形外科を受診。

腰椎分離すべり症」と診断され、手術を勧められる。

なんとか手術は避けられないかと、当方に相談される。

初診時、しびれ・痛みが強く、前屈もほとんどできず、
(立って前屈して、手の指先が膝までも行かない)
寝返りもままならない状態。

背骨・骨盤の調整を中心に一か月治療を施す。
(痛みが強い場合は、はり治療も行う)

腰を反らさない事やストレッチなど、日常生活についても指導し、
患者様のがんばった甲斐があり、2週間位から、歩行・寝返りが楽になる。

一か月後には、前屈が床につくようになり、しびれもほぼ消失。

結果的に手術は回避し、現在も定期的に治療しており、
症状の悪化はみられない。

この方は、腰のすべり症の部分に負荷がかかりすぎており、その上下の背骨・骨盤を調整することにより、改善したケースです。

ただし、手術一歩手前の患者様だったので、瞬間的に力を加える調整は非常に危険だったので、全く危険のない関節ニュートラル整体で痛みなく・ゆっくりと調整しました。

   

» 「患者様の声」トップに戻る